Yocto を使う理由
blog
2019-4-1 12:42 JST

Yocto を使う理由

Yocto (発音は?) Project は IBM の DeveloperWorks によると、「組み込み Linux 開発を容易に行い、さまざまなアーキテクチャー間で移植できるようにすることを目標に発足したオープンソース・プロジェクト」と定義されていいます。

Yocto (ヨクトでいいや)を使うと比較的簡単に Linux の動作環境に必要な kernel と rootfs を構築することができます。

とりわけ Freescale の用意する環境は出来がよく、一度、この環境を使用してしまうと他には移る気になりません(個人の感想です)。

解決してくれる項目は次の通り

  • いままで非常に手間のかかった build 用のクロス環境
  • libc の選択と作成
  • rootfs の作成
  • ライブラリやアプリケーションの導入
  • ADK(The Application Development Toolkit) 環境

Yocto Project は安定性を重要視しているようです。kernel とアプリケーションの無数にある組み合わせで使用者が混乱しないように、安定している組み合わせを選択しているようです。そのため、必ずしも最新のソースを使用しているわけではないことに注意しましょう。

例えば、次ように kernel の default が最新ではないというケースがあります。

Linux kernel 3.17 available, but not default (Yocto の poky 1.7 の Features から引用)

蛇足

Yocto Project のホームページでは次の言葉が文頭を飾っています。

It's not an embedded Linux distribution
it creates a custom one for you

Yocto 、正確には Yocto Project であり、そこで使われている主ツールは Poky で、その Poky が Bitbake を利用するというのが正確な全体像で、Yocto を使うという表現は正確ではないかも。

本家の記述を見ると Using the Yocto Project という表現を使っています。Yocto Project を使うが正しいのか?